申請しないと進学できない!?私立の医学部の奨学金について

申請しないと進学できない!?私立の医学部の奨学金について

私立の医学部の奨学金について

ごく普通の一般的な家庭だと、6年間の学費が2,000万円や3,000万円もかかる私大の医学部に通い続けることはちょっと困難。
学費を用意するだけでも相当大変だし、ましてや実家を出て生活するとなれば、さらに経済的な負担は増えるよね。

入学金や初年度の学費はなんとか工面できたとしても、それ以降の支払いが滞れば待っているのは退学処分。
医師という肩書を持つには経済的な壁も越えていく必要があるんだよ。

だからこそ、大金を一度に用意できない人たちのために奨学金制度が整備されてるんだよね。
これは、学校に通うために欠かせないお金を借りたり受け取ったりできる制度のこと。

  • 日本学生支援機構の奨学金
  • 自治体の奨学金
  • 各大学の奨学金

上記の3つが主流かな。
それぞれで特徴が異なっていたり奨学金を受けるための条件が設けられたりしているから、そうした点も確認しながら利用先を検討してみよう。

奨学金を借りて入学するメリット

奨学金制度を利用した場合に受けられる恩恵を幾つか紹介してみるね。

この制度そのものにも種類が色々とあるから、それにも軽く触れながら説明していくよ。

学費を払うことができなくても進学して学ぶことができる

本来、私大の医学部に通うほどの経済的余裕がなくても、奨学金を受けられれば、大学の医学部で医師になるための勉強に励むことが可能だよ。
これが奨学金制度の最大のメリットだね。

いくら学力が能力が高くても、学費が払えなければ入学できないのが日本の大学。
特待生になれれば入学金や学費の免除で多少楽にはなるものの、それでも私立大学の場合は卒業するまでに多額の費用がかかるからね。
よほど家計に余裕のある家庭以外にはなかなか厳しいものがあるかな。

奨学金の利用で、とりあえずは経済的なことを心配することなく大学に通えるはず。
医師免許を取得するためには、まず医学部に入らないと話にならないし、そういう意味ではとても意義のある制度だよ。

給付型の奨学金であれば学費の全額支給を受けることができる

奨学金は貸与型と給付型に大別することができるよ。
貸与型は返済義務が生じるけど、給付型は医学部に通うのに必要な費用の全額もしくは一部を支給してくれるから返済する必要がないんだよね。
もし全額給付が認められれば、私立の大学でも無料で通って学んで卒業できるということ。

給付型の奨学金は確かにありがたいけど、クリアしないといけない条件が幾つかあるから要注意。
例えば、地方自治体の給付型奨学金制度は、大学卒業後、その自治体が指定する地域の医療施設で働かないといけないなどの条件があるよ。
他の地域の病院で働くことはもちろん、医師として働けなくなったケースでも返済義務が生じることがあるから気をつけよう。

在学中は返済不要な上に利子も発生しない

実際に奨学金の返済がスタートするのは大学を卒業したあと。
在学中は返済する必要なし。
病院などに就職してから借りたお金を徐々に返済していけばOKだよ。
在学中は勉強に集中することができるのも奨学金制度の利点だね。

利子が発生しない奨学金制度を利用した人は、借りた金額のみを返せばいいから、これもメリットかな。
普通、金融機関などに借金したら利子が発生するでしょ?利子が発生しないだけでも、返す作業がかなり楽に感じるはず。

ただ、利子付きの奨学金と比較すると利子なし制度の利用はちょっと厳しい条件や審査基準をクリアする必要があるから、この点は知っておいた方がいいかもね。
評価や成績はもちろんだけど、世帯年収の上限なども決められてるよ。
どの制度が利用できるかは細かいところまで事前に確認しておこう。

奨学金を借りて入学するデメリット

奨学金制度の利用には良い点も多々あるけど、デメリットも幾つかあるから気をつけよう。

奨学金を借りて私大の医学部に入学するデメリットも紹介するから、頭に入れた上で利用してね。

割と簡単に借りられる

奨学金制度は、経済的にすぐにお金は用意できないけど、子供達にしっかりと学んでもらって将来世の中に貢献してもらおうという目的のもとに存在しているもの。
だから、割と簡単に借りられるんだよね。

もちろん審査や要件はあるよ。
希望した人全員が利用できるわけではなくて、それぞれの制度の要件を満たしていないとダメだけど、とんでもなくハードルが高いわけでもないのがこの制度の一つの特徴だね。

簡単に借りられるものの、借りたら返さないといけないのが奨学金。
軽い気持ちで借りてしまうと、返済が迫られた時に苦しくなるかもしれないから気をつけよう。
医学部を卒業した後の返済プランをしっかりと考えておくことも重要だよ。
後先考えずに奨学金制度を利用すれば、この制度に自分の首を絞められることになるかもしれないからね。

卒業後に働く地域や医療施設、診療科目なども含めて考えておくといいかもね。

返済を怠ると個人信用情報機関に登録されてしまう

もし卒業後、借りた奨学金の返済が滞れば、個人信用情報機関に個人情報が登録されてしまうことがあるよ。

個人信用情報機関に登録される個人情報は、氏名や住所、生年月日や電話番号など。
これで何が困るかっていうと、「借りたお金を返さない人」として登録されることになるから、クレジットカードが作れなかったり利用できなくなったりするんだよね。
車や家や携帯電話が欲しいと思ってもローンは組めないし、キャッシングもできなくなる可能性が高いよ。

もちろん、しっかりと返済していれば何の問題もなし。
あくまでも返済が滞った場合の措置と考えておこう。
だからこそ計画的に奨学金制度を利用することや、卒業後に医師としてしっかりと働くことが重要になってくるんだよね。
個人信用情報機関に登録されると5年間はその記録が残ってしまうから、計画的に返していこうね。

卒業後に大きな借金を返済しなくてはいけない

そもそも奨学金って、給付型でない限りはお金を借りる制度のこと。
学生のうちからそれなりの額の借金を抱えてることになるから、卒業後に社会人になった時点でその借金を返さなければいけない日々がスタートすることになるよ。

医学部の学生は社会人になる年齢も四年制の大学に通う人たちよりも遅いし、しかも学費の金額も大きいので卒業後の返済もまあまあ大変。
そうしないと入学できないから仕方がないけど、それでもこういうことは奨学金の一つのデメリットとして認識しておかないとね。

ただ、お金を貸してもらっているという意識を持つことができれば、勉強も頑張れるんじゃないかな?
借金は確かにデメリットだけど、それをメリットだと考えて受験勉強や入学後の勉強を頑張ってみるといいかも。

自分の人生をより良くするための投資として捉えながら、この奨学金制度を利用して医学部入学を目指してみよう。