私立はどうなの?苦手科目がある場合の医学部受験について

私立はどうなの?苦手科目がある場合の医学部受験について

医学部を受験する場合は苦手科目は絶対に無くさなくてはならない!

医学部はどの大学も倍率が非常に高く、しかも優秀な人たちが受験しているので、その中を勝ち抜くのは簡単じゃない。
そんなことはわかってると思うけど、やっぱり大事なことは取りこぼしをなくすことかな。
取れるところは確実に取っておかないと、わずかな差で明暗が分かれちゃうことも多いんだよね。

取りこぼしをなくすには、苦手科目をなくすことが必須。
苦手な科目があるとそれだけで不利で、いくら得意科目で高得点を取っても、苦手科目があるせいで不合格になっちゃうことだってあるんだよ。

医学部を受ける受験生はみんな得意科目があるってことを認識しておこう。
つまり、苦手科目を克服して得点を積み上げることこそ、医学部合格への近道ってことになるよ。
近道っていうよりも、確実な道って感じかな。

早めに受験勉強に取り掛かって、苦手科目をなくすような取り組みをしておいてね。

文系科目がどうしても苦手な場合は私立専願にする

医学部を目指す人の中には、文系が苦手っていう人もいるんじゃないかな?数学や物理はできるけど、現代文が苦手とかね。
まあ、私のことなんだけど。

こういうタイプの人は、私立専願がおすすめ。
国公立大学に行きたいのはわかるよ。
でも、国公立だとセンター試験必須だし国語や社会で点数を取らないと合格なんて不可能だから、文系科目が苦手だと医学部入学は絶望的。

だったら英・数・理のみで受験が可能な私大の医学部に狙いを定めた方が効率もいいし、精神的にも楽だよね。
もちろん合格の可能性もアップするよ。

文系科目がどうしても苦手な人は、志望を私立のみに絞り込んでみよう。
きっと目指す場所がすっきりと見えてくるはず。
やるべきことも明確になるから、受験勉強にも身が入るんじゃないかな。