現役生が医学部予備校に通った方がいい理由【まとめ】

現役生が医学部予備校に通った方がいい理由【まとめ】

現役生でも医学部予備校に通ったほうがいい理由

医学部予備校は現役生でももちろん通うことができるよ。
浪人生も通うべきだけど、現役での一発合格を目指したいなら、早めに通っておいた方がいいかな。
なぜ現役生も医学部予備校に通った方がいいのか、その理由をもう少し噛み砕いて説明してみるね。

当サイトでは、現役生だけではなく浪人生が医学部予備校に通った方がいい理由についての記事もありますので、そちらの記事も是非ご覧ください。

早い時期から勉強習慣や自己管理能力をつけることができる

受験勉強は、とにかく早くから始めておいた方が断然有利。
これは間違いないよ。
スタートが遅ければ遅いほど受験対策が十分にできなくなるし、もしかしたら必要な科目をしっかりと学ぶ前に試験当日を迎えてしまう可能性もあるからね。

何よりも、勉強習慣が身につけられるよ。
勉強って、それが当たり前の状態になってないとなかなかできないんだよね。
習慣化するには時間がかかるから、早めに予備校に通って勉強習慣をつけておきましょうっていうこと。
あと、勉強のコツも早めに掴むことができるようになるよ。
問題を解くコツやポイント、ヒントの見つけ方も掴みやすくなるはず。

睡眠時間や食事、ストレスへの対処法など自己管理能力も、予備校に通うと身につくかな。
これって受験にはものすごく大事なこと。
人それぞれキャパは異なるから、それを知るのも重要で、医学部予備校に通うことで自分の勉強スタイルや体調管理もできるようになるんだよ。

医学部の合格に必要な学力の基礎を養成することができる

医学部を目指す人って、受験問題を解くことに特化した勉強をしがち。
特に受験経験のない現役生はその傾向が強いかな。
でもね、医学部に合格するために必要なのは、何よりも基礎学力なんだよ。
基礎が不十分なのに難しい問題を解こうとしても無理だよね。

医学部予備校に通うと、基礎学力を高めるためのカリキュラムもしっかりと用意されてるよ。
学校ではトップクラスの成績でも、予備校に通ってプロの講師に見てもらえば、いかに基礎的な学力が足りていないのかがわかるはず。
それを鍛えてから難しい問題や模試に挑戦して鍛えないと現役合格は厳しいかもね。

浪人したくないなら、早めに医学部予備校に通って、今のうちから基礎学力を高めておこう。

学校の進度に合わせて勉強すると合格が難しい

普通の高校では、いくら進学校でも医学部受験に合わせたカリキュラムを組んではくれないよ。
高校三年間で一通りのカリキュラムを終える形になってるから、それを待ってから重要な科目や分野の勉強を本格的に始めても遅いんだよね。
医学部に現役で合格するためには高校で習う前の分野を先取りして学んでおく必要があるよ。
それができる環境が整っているのが、医学部専門予備校。

医学部の試験には、高校三年生の夏以降に学ぶ分野も出たりするよ。
学校の勉強だけだと、さすがに間に合わないよね?なんとなく理解できるくらいじゃ医学部には合格できないから、より早めに試験範囲を全て勉強するために医学部予備校に通う必要があるの。

まあ、中高一貫校とか一部の有名進学校では一般的な指導要綱を無視して早めに全カリキュラムを終える高校もあるけどね。
そういうところ以外に通ってる受験生は医学部予備校に通った方が効率よく勉強できるはずだよ。